アトピー性皮膚炎の救世主となるか?新物質「サクラン

絶滅危惧種スイゼンジノリから抽出される「サクラン

アトピー性皮膚炎の予防と治療に効果のある新物質が見つかった。

これは、福岡県朝倉市の黄金川だけに自生するスイゼンジノリという絶滅危惧種から抽出される「サクラン」という物質。

わずか1gで、6リットルの水を給水し、ゼリー状になる。

2006年に発見された多糖類で、これが高知大学の広田量二助教授らのグループによって
アトピー性皮膚炎に高い抗炎症効果・かゆみ抑制効果などがあることが突き止められた。

マウス実験では、人工的にアトピー性皮膚炎を起こしやすくしたマウスに
サクラン」を塗布したものと塗布しなかったもので比較した。

その結果、「サクラン」を塗布したマウスは「ひっかき行動」が10分の1以下に激減。
IgE抗体の量もほとんど検出されないレベルに低下したという。

広田教授は実験結果について
サクランは優れた保湿作用と抗かゆみ作用がある。
 皮膚表面の角質層を保護することで肌のかゆみと炎症が抑えられ、
 アレルギーの指標となるIge抗体も減少した。」
と分析している。

抗炎症作用は、ステロイド剤に匹敵するとされ、
しかも自然由来のため、副作用がほとんどないという。

研究成果は、近く米国の学術誌で発表され、
有効成分の特定を年内に、臨床試験を3年以内を目標に
さらに研究と実用化にむけて動き出す予定だという。


(2011年2月10日)

関連ページ