免疫ってなに?  アトピーとの関係は?

アトピー性皮膚炎・花粉症・ぜんそくなどのアレルギー性疾患は、
免疫システム から起こります。

では、免疫ってなんでしょう? 


免疫は体を守るしくみ、アトピーとも関係します


「免疫ができた」 という言葉は、なにかに「慣れた」 という意味で
日常生活でも使ったりします。
私たちの体の 「免疫」 も同じです。

私たちの体には毎日、無数の細菌やウイルスが
食事や空気や手などから入ってきます。

   それを排除して、体を守るしくみが 「免疫」 です !

免疫の主力となるのは 「白血球」 。

血液には、赤血球、血小板、白血球 があって、

  • 赤血球は、酸素を運び、
  • 血小板は、出血したときに血液を固めます。

そして、、白血球が 「体を守る防衛軍」 ということになります。


「白血球の防衛軍」の 足並みが乱れると・・・



白血球には、
 ・マクロファージ
 ・顆粒球
 ・リンパ球(T細胞、B細胞) 
などがあり、
この防衛軍の、司令官、下士官、パトロール隊、戦闘部隊 
などの役割を果たしています。

また、戦う相手によっても、誰が戦う主力になるかが変わってきます。
(細菌もあれば、ウイルスもあれば、体の中のガン細胞やいらなくなった組織細胞 もありますから。)

そして、アトピーとの関係でいえば、

  • 戦闘部隊(B細胞) が 増えすぎたり、
  • 攻撃 (抗体) を出しすぎたり、
  • 爆薬 (ヒスタミンなど) をたくさん持ちすぎていたり、
  • 司令官 の情報が行き届かずに、バラバラの戦い方になっていたり、
    という問題でおこります。

そして、こうしたことの原因となるのが
食事のかたより、ストレス、運動不足、有害な化学物質、
なのです。


⇒次のページへ

免疫のしくみとアトピーページ

   

関連記事