副腎皮質ホルモン と アトピー性皮膚炎・ぜん息

 アトピー・喘息・花粉症の原因・・・ 副腎皮質ホルモンの不足


ホルモンには様々な種類がありますが、
アトピーや喘息 と密接な関係にあるのは、
副腎皮質ホルモン のひとつである 「糖質コルチコイド」 です。

いわゆる 「ステロイド剤」 とは、一般に、「糖質コルチコイド」 のことを指します。

アトピー性皮膚炎 や ぜん息を治すためには、
この 「副腎皮質ホルモン」、「糖質コルチコイド」 について理解しておく必要があります。

 副腎皮質ホルモン (糖質コルチコイド) の働き


まず、「糖質コルチコイド」 が分泌される流れについてです。

副腎皮質ホルモンの働き、アトピーとホルモン

私たちがストレスを受けると、
大脳辺縁系 というところから 視床下部、そして 脳下垂体 に情報が伝わります。

すると 脳下垂体 から、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH) という物質が分泌されます。
そして、ACTH の刺激を受けて、副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド) が分泌される、
という流れです。

では、糖質コルチコイド の働きはどのようなものでしょうか?

   おもに3つあります。

    (1) エネルギー をつくる
ストレスに対抗するためには、エネルギーが必要です。
そのため、タンパク質 を分解して、ブドウ糖 を合成して エネルギーをつくりだすのが 糖質コルチコイド の役割です。

    (2) 炎症 を抑える
体に炎症が広がり、熱やかゆみを持ったりすると ストレスと十分に対抗できなくなります。
ですから、糖質コルチコイド の2番目の役割は、炎症を鎮めること、なのです。
同時に、白血球の活性や 炎症部位への侵入 を抑える、
つまり、免疫の働きを抑える 役割も果たします。

    (3) 集中力を高める
糖質コルチコイド は、直接脳に働きかけ、集中力を高める働きをします。


この3つが、糖質コルチコイド の働きです。

糖質コルチコイド がないと、私たちは少しのストレスでも
ショック死してしまう、と言われています。

つまり、
アトピー性皮膚炎やぜん息を抑える働きをするのが、
副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド) です。

非常に大切なホルモンなんですね。

ステロイド剤も、糖質コルチコイドの働きを外から入れ込むことで
抗炎症作用などの治療効果をねらったものです。


副腎皮質ホルモンが過剰になると?


ただ、これが、常に、多量にあったら どうなるでしょう?

・体の皮膚や筋肉の タンパク質 が分解され続けたら?
免疫の働き が、抑制され続けたら?

そうです。

糖質コルチコイド の働きそのものが、副作用となって
私たちの体に害をおよぼすことになります。

強いストレスがかかり続けるとこうした状態になります。

これは、ステロイド剤の 長期使用 も同じです。

ホルモンは、必要な時に分泌され、
体の中で自然にバランスがとられていることが必要なのです。


 副腎皮質ホルモン (糖質コルチコイド) の 弊害


ストレス や ステロイド剤の長期使用 で
副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド) の 過剰状態が続いたときの反作用
以下のようなものです。

   (1) 皮膚からの感染症
糖質コルチコイド は、タンパク質を分解する働きをしますので
皮膚の細胞の結合が弱くなります
その結果、皮膚からの有害菌の感染が容易に起こるようになります。
(皮膚 自体も、うすくなります。)

   (2) 免疫力 の低下
糖質コルチコイド は、免疫力を抑制します
つまり、糖質コルチコイド の過剰は、
私たちの体を守る大切な 「白血球防衛軍=免疫」 を弱めるのです。
この状態が続けば、ガンなどの重大な病気を抑えることができなくなります。

また、炎症部位への白血球の侵入 を抑えますので
やはり、炎症部位からの有害菌侵入を受けやすくなります。

そして、糖質コルチコイド の タンパク質の分解作用で 胸腺 が小さくなってしまいます
胸腺は、「白血球防衛軍=免疫」 の大切な訓練基地ですので
この機能低下で、免疫が正常に働かなくなります
                    (⇒「ストレスとアトピー」をご覧ください。)

そして、胃の粘膜を弱らせて 胃潰瘍 を起こしたり、
動脈硬化 や 心筋梗塞 なども起こりやすくなります。

糖質コルチコイド の過剰 は、
私たちの体に、非常に大きな弊害をもたらすのです。

        《 糖質コルチコイド 過剰の 弊害 》
・皮膚からの感染症  ・免疫システム弱体化による、ガンなど重大病の発症
・胃潰瘍  ・心筋梗塞  ・歯槽膿漏  ・脳梗塞  ・筋肉や骨が弱くなる
・皮膚に張りがなくなる(薄くなる) など

これは、ステロイド剤の長期使用の場合の副作用とも一致します。

ステロイド剤は、短期で使う場合は、弊害も少なく、効果も高いのですが
かんたんに長期化してしまう、ステロイド依存症=中毒 を起こしやすい
ということも念頭に入れて、
短期だけ使う、ようにして下さい。
 (症状が軽い場合は、初めから使う必要はありません。)

 (また、長期間ステロイド剤を使っていた場合、急に一切やめる
  という極端な脱ステロイドを行うと、深刻な反動作用起こす場合があります。
  なるべく、食事療法や生活改善、そして、ステロイドを減らす・弱くするなどで、
  腸の状態の改善をはかり、副腎機能を少しづつ回復させるなど
  準備を経てから脱ステロイドに移るほうが反動期間も短く、症状も軽くすみます。)

免疫のしくみとアトピーページ

   

関連記事

サイト内検索

Loading