水いぼ

アトピー性皮膚炎の子供が気をつけたい病気

水いぼ は、伝染性軟属腫ウイルスを原因とするいぼの一種。

1~3mm程度の小さないぼで、
色は皮膚と同じですが、すこしツヤがあり、中央部がくぼんでいます。

触ると固く、しんがあり、この部分に原因菌がいます。

かゆみも痛さもなく
通常、何もしなくても半年から1年以内で自然に治ります
病院では伝染性があるため治療することが勧められます。

治療は、麻酔の入ったシールを張り、ピンセットで1個づつ取り除きますが
子供にとっては大変痛く、病院嫌いになることがありますので注意が必要です。
(2~3個とるのがやっとです。子供が泣き叫びますので、
 取るなら、なるべく広がらないうちに病院で診てもらうことが必要です。)

脇の下、わき腹、外陰部など軟らかいところにできやすく
こすれていぼが壊れるとウイルスがほかのところに付着し広がってしまいます。
また、かきこわして広がることもあります。


アトピー性皮膚炎との関係


免疫反応によって発症するアトピー性皮膚炎と
ウイルス感染による 水いぼ は、別の病気です。

ただし、アトピーの子供は皮膚の防御バリアが弱くなっているため
水いぼ になりやすいと言えます。

また、ステロイドのぬり薬は、原因ウイルスの栄養になり
かえって 水いぼを悪化させますので気をつけてください。

アトピーと間違えやすい病気、合併しやすい病気

関連記事